2014年06月16日

伝統のお家芸、もしくは滅亡への道

どうも韓国では「朝鮮戦争は米韓が日本と戦った戦争」と教えているそうで…。
太平洋戦争が終わってまだ2年でアメリカを敵に回して韓国を攻めるだけの余力が日本にあったら、あんなぼろ負けしてないですって(^-^;

それを聞いた時、思わず「韓国滅びるな」って思いました。
北朝鮮がいきなり進軍してきても、韓国国民、特に朝鮮戦争の真実を知らされてない若い連中は「日本じゃないから大丈夫♪」って思ってる間に…仁川も取られて北朝鮮が朝鮮半島を統一しているんじゃないかと思います。
ホントに歴史に何も学ばない民族だよね…。
多分今度はアメリカが助けるとは限らないしね…というか、普通は助けても「お前らの助けがなくても勝てたのに」という国を助けたいとは思わないと思うけどね…。

…って、これ、朝鮮戦争の初めもこんなんじゃなかったっけ?
軍部「大統領、北朝鮮が攻めてきてます!!」
大統領「大丈夫大丈夫」
軍部「もうソウル制圧されてるんですけど!!」というあれ。

…いやいや、確か秀吉の朝鮮征伐も似たような感じだったぞ?
秀吉「明を征服したいから朝鮮半島通らせて。通らせなかったら征伐するぞ」
大使「通らせねーぜ」と返答し帰国。

李氏朝鮮の朝廷「今回秀吉は我が国を侵略する気があるのかどうか?」
副使「征伐するでしょう」と答えたのに、
副使と別の派閥に属する大使が「征伐する気ありません」と返答したばっかりに朝廷は対応を誤り、秀吉と自分の国と明を滅亡に追い込みまして…(^-^;

そろそろいい加減気づけよ…というのもあるけど、金正恩は良い時代に生まれてきたなと思ったりします。
環境的には朝鮮半島統一をじーちゃんやとーちゃんより簡単に遂行できる条件が整ってるからね。
それも、自分で整えたんじゃなくて、韓国が勝手に整えていったというべきか…(^-^;
【日々のつれづれ・ひとりごとの最新記事】
posted by 占い師&癒やし屋のkina at 14:51| Comment(2) | 日々のつれづれ・ひとりごと
この記事へのコメント
成程、
国際的には何とか、自国を第二次大戦の戦勝国側の扱いとしてほしい、
それを認めさせたいと、言う事だったようですが、

出来事の時系列的なずれの矛盾を自国民にはこうやって説明してたのですね。

そう考えれば、何故1950年代当時の娼婦が日本に従軍慰安婦問題の保障を求めているかも分ります。(その場合、日本は敵の筈だから敵方に徴用されたなど、どっちにしろ言い分が矛盾している事にはなりますが、、、)

割の合わない余計なおせっかい(併合して経営)をするのは日本としてはもうこりごりでしょうし、

誰かの指図を受けたりするのはプライドが許さないなら、
貴方がたが自分たちでする必要の事だから、
自分たちで気付きなヨ〜。
ということで、

韓国国民が早く自国政府の嘘に気付いて、早いとこ本当の意味のデモクラシー国家にならないと、
気付いた時にはすでに遅しという状況になりそうですね。

Posted by ケイワイ at 2014年06月20日 00:33
>ケイワイさん

コメントをありがとうございます。
反映が遅くなってしまってごめんなさい。

…既に遅し状態にもうなっているかもしれません…。
Posted by kina at 2015年01月13日 09:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。