2016年08月24日

貧困を叫ぶ前に出来ること・やれること

NHKスペシャルで「貧困家庭の問題について」的なことを放送したらしいですが、ネットでやらせ疑惑が出ているようですね。



片山さつき議員も疑問視しているとかで、その疑問視を疑問視するNPO法人も出てくる有様です^_^;

そんなNPO法人は「国がもっと貧困家庭に対して手厚い保護を…」なんて言ってますが、現段階でも、結構手厚いセーフティネットが張られていると思うんだけどなぁ?
kinaですら知ってる税金や保険料の減免・控除措置と救済策は以下の通りです。

・年金の免除申請
多分一番知られているであろう救済措置^_^;
市役所か国民年金事務所で申請、さくっと書類を書くだけ。
年金事務所が審査して、該当したら最高年金の支払いが1年免除される。
ただし将来受け取れる年金は減額されるけど、後日減額された分を支払うことは可能

・国民保険料の免除申請
年金の免除申請よりハードルは高いけど、やってやれないことはなし。
市役所で国民保険料を支払えない事情を説明し、書類に色々書く。
正当な理由だったら免除はしてもらえる可能性高し。
本当に低い所得の人なら、国民保険料は年で2万もいかないはず。

・子ども手当
説明不要^_^;
母子家庭なら医療費が安くなったりする制度もあるらしいしね。
自治体によって子ども手当や医療補助が受けられる時期が変わるので、子供を育てたい人は補助が手厚い地域に引っ越す人もいます。

・確定申告
医療費がかかった年やふるさと納税を使ったらやっておくべし。
税金が戻ってくるし、翌年の税金徴収にも影響が出てくる。
北海道で一番安い税額は今のところ年額5,000円^_^;
確定申告については、確定申告で忙しくない時期の税務署に聞きに行ったら詳しく教えてくれるよ♪

・高額医療減免
これは病院が教えてくれる、手続きもやってくれます^_^;
手術等で高額な医療費がかかった場合、一部を国が負担してくれる制度。

・精神科にかかっている人向け
旧精神保護法32条、精神通院医療費の公費負担がありまして、書類は少し必要だけど、申請したら精神科にかかった費用の1割負担で良くなります。
厚生労働省のHPより:http://www.mhlw.go.jp/kokoro/support/promotion_4.html

まだまだ調べたら色々あるはずです。
貧困報道で色々やるのも良いけど、こういう制度についてもきちんとTVや新聞で紹介したら良いのに(-_-メ)。
上に挙げた制度について知ったのは、実体験とネットからの情報で、TVや新聞で知った、というのが皆無なんだよね。
まさかTVや新聞の記者が「知らない」なんてことはないと思うんだけど…。
国を変えるために提言するのは当たり前のことなんだけど、今困っている人達のために手助けする仕組みだってきちんとあるんだから、そういうのを使い倒すって手もあるはずなのに。
市役所もきちんと言えよ…と言いたいけど、今は結構言ってるところもあるらしいから、「貧困だなんだ」という前に調べることは調べて、申請なりなんなりしたら良いと思うんです。

貧困の一部は「本当に貧困」ではなくて、「お金の使い方が相当間違っていて貧困」というのがちらほらあるようですね…「生活保護でブランド和牛肉買って『お金が足りない』と嘆く」というあれですか。
経済を上向かせて所得を上げるのはもちろんですが、そういう「当事者が原因の貧困がある」ということもきっちり取り上げてほしいと思います。

もっとも、NHKが最初からTwitterなんぞも調べられるのを見越した上で「貧困の実態」を報道するつもりだったら何もいうことはありませんけどね…。
posted by ルーンマスターなkina at 08:47| Comment(0) | 知識のいずみ

2016年06月26日

お年寄りから子供まで大人気の意外なカーアイテム^_^;

今回は占いとはあまり関係はありませんが、とっても便利なものをシェアしようと思いまして。
…と、その前に、トリニティさんでkinaの記事が公開されましたので、よろしければ見て下さいね。

http://www.el-aura.com/kina20160622/

株なんかの話がいけちゃう占い師ってどうよ?!と思ったりしますが…^_^;

では本題。
この間、足の悪い人を車に乗せることになりました。
それとは全く別に、車の中でティッシュを置く場所にいつも困っていて、結局…ヘッドレストにティッシュを括りつけておくことにしたんです。
そして、助手席の後ろ側につけていたヘッドレストにつけるタイプのアシストグリップを、その足の悪い人がいつも乗る運転席側の後部座席に移動。
こんな感じのものです。




このアシストグリップ、車が嫌いだった伯母からkinaの車をアッシーとして使うまま様、まだチャイルドシートに乗っていた甥っ子にまで大人気のアイテムでした^_^;
車では何かに掴まっていると、安心感があるのかな…というくらいに、伯母も甥っ子もアシストグリップを握りながら車に乗っていました。
…と、こう書いたらkinaの運転が超荒いように見えると思いますが、kinaは割りと安全運転タイプです^_^;

また足の悪い人を車に乗せることになったら…その方、アシストグリップのお陰で目に見えてわかるくらい車の乗り降りがスムーズにできてびっくり。
その方も「いや〜、このハンドル(アシストグリップ)いいな。助かる、乗りやすい」と大絶賛しておりました(*^^*)。
「たったこれだけで」とkinaだって思うんですが、その「たったこれだけ」が結構違うみたいですね。
ご家族で普通車に乗りにくい方がいたら、アシストグリップを試してみてはどうでしょうか?
ちょっとしたことで車に乗りやすくなったら、運転する側も楽だし気持ちが良いものですよ。

あと、足の悪い人にしてみたら、(当たり前ですが)背の高い車の方が乗りやすいようです。
スライドドアだと、結構楽ちんです。
足の悪い人にとっては、スライドドアの方が邪魔なものが少ないですからね。
適していると思われるのは、TOYOTAのシエンタ、ホンダのFREEDなど…足の悪い人のために車を選んでいる方のご参考までに。
posted by ルーンマスターなkina at 19:38| Comment(0) | 知識のいずみ

2015年02月03日

風邪ひきの時の回復アイテムは?

インフルエンザにはかからなかったものの、風邪は引いてしまったkinaσ(^_^;
薬があまり効かない+副作用の方が強く出過ぎてしまうkinaの風邪の時の最強アイテムはヴィックス・ヴェポラップでございますが、もうひとつ、ビタミンCがたっぷり入った飲み物もお勧めです。
CCレモンとか、ビタミンウォーターですね。
kinaが使うのはビタミンウォーター。



具合が悪くて、うだうだしながらビタミンウォーターを飲んでいると…気がついたら風邪の症状が軽くなっていることが多いんですよね。
ビタミンウォーターを飲まない時はそんなことをしていても長期化することが多かったのに。

一度、身体の中にばい菌が入ったことで高熱を出したことがあるんですが、その時も食事ができないのでビタミンウォーターを飲んでいたら、割と早く元気になった気がします。
ビタミンCが身体の炎症を抑えてくれる、というのはあながち間違ってはいない気がします。

風邪の時にはビタミンウォーターをお勧めしますが、kinaはあくまで自己責任の範疇でやってます。
ちゃんとお医者さんにかかって、安静にしているのが一番ですよ。
posted by ルーンマスターなkina at 09:45| Comment(0) | 知識のいずみ

2015年01月14日

バレンタインには、フェアトレードのチョコを

来月には、女の子も小売業業界もものすごく力の入るバレンタインが待っています(^-^;
毎年この時期にこういうことを書いているわけですが、高価なチョコレートも良いと思いますがフェアトレードのチョコレートを大切な人に贈ってほしいと思います。



もちろん義理チョコもフェアトレード製にしてほしいですが、お財布との相談もあるでしょうし…(^-^;

フェアトレードとは、生産者と公平な取り引きをした製品のことです。
割高のように感じると思いますが…逆に言うと、普段流通している商品はどれだけ生産者が買いたたかれているかってことにもなるんですよね。
実際は、もっとえげつないです。
興味のある方は調べてみてください。

kinaだってチョコレートが嫌いではないのですが、どうせ食べるならフェアトレードで、しかも手間ひまのかかったおいしいものを食べた方がkinaも、生産者さんも救われるように思うんです。
どうせだから、バレンタインには彼への愛情と…生産者さんの愛情もこもったチョコをプレゼントしてほしいと思います。

kinaがいつもこの時期だけ食べてる(というのは、夏場はカカオが不安定になるので販売してないんです)フェアトレードのチョコは刺すような甘みではなく、中からふんわりと出てくるようなこくのある甘みです。
生産者さんが笑顔で送り出したカカオをスイスの工場で手間ひまかけて作ったチョコのおいしさをお楽しみください♪
posted by ルーンマスターなkina at 09:33| Comment(0) | 知識のいずみ

2014年07月23日

無料占いと自己肯定

この間、光も書く方もライトワーカーなAKIさんから面白い話を聞いたので、みなさんにもシェアしますね。

よく、無料の占いとかカウンセリングばっかり使う人がいるんですが、そういう人って「自己肯定感が薄い」んですって。
「自分を大切だと思う」とか「自己尊重」という気持ちが薄いから、「自分の願い」もどうでもいいと無意識に考えるし、「自分の願いを叶えるためのアドバイス」にも価値がなくて良いと思ってしまう。
だから、有料のアドバイスを使うなんてできなくて、無料のアドバイスを求める…と。
自分のことを大切だと思う人は、やっぱり占いとかカウンセリングにもお金をかけて「良いアドバイス、使えるアドバイス」を引き出そうとするんですって…自分のために。
当然、それだけの努力もするから結果も違ってくる…と。

な〜るほど。

ようよう考えてみたら、本来有料であるべきものを無料で占わせている人って宇宙に全力で「わたしはどうしても叶えたい願いがありますが、その願いの価値はありません!!」と宣言しているようなものですからね…。
そりゃ宇宙だって「価値がないのか…では、叶えなくても良いわけだ♪」と判断しても仕方がありませんわぁ…(^-^;

占いを利用していただくのはとてもありがたいですが、その前に「自己肯定感」を高める努力をしてみませんか?
自己肯定感を高めるだけで、願いが叶う場合だって本当によくあることですから…。
posted by ルーンマスターなkina at 09:21| Comment(0) | 知識のいずみ

2014年07月01日

ポジティブキャンペーンリターンズ

ちょいと日本の良さについて、とある文章を目にしたので、みなさんにも知ってほしいと思ってこちらに紹介しますね。
黒木安馬さんの言葉です。

日本人とは (*^_^*)v ~♪
世界に最も貢献している国民は? 
英国放送協会BBCが毎年国際調査を続けているが、3年連続でダントツの国がある。
人類を最も幸せにしている国民、地球規模で評価されているのは、それは日本人である。
自己利益を最優先させるのは利己主義であるが、
我が国には“利他”という禅の気質が伝統的にDNAに刻まれている。
科学技術や先端武器を自国利益の為に開発使用して
侵略と略奪を繰り返す民族が圧倒的多数の中で、
日本人が発明した数々の文明の利器と知恵は惜しげもなく世界に放出され、
次々に人類の進歩に大きく夢と希望の影響を与えていると言うのである。
日本を描写した最古の記録、三世紀末中国の『魏志倭人伝』には、
“婦人淫せず、妬忌(とき)せず、窃盗せず、諍訟(そうしょう)少なし” 
(日本人は文明度が高く、物静か、女性は貞淑で夫の名誉を守り、
彼らはねたみもせず、盗みもせず、争いごとも少ない、
奇麗好きで性格は上品にして素直なり”と記されている。
太平洋戦争末期、日本の敗戦は時間の問題となった時のパリで、
作家であり駐日フランス大使も務めたポール・クローデルは演説した。
“私がどうしても滅びてほしくない一つの民族がある。
それは日本人だ。あれほど古い文明をそのままに今に伝えている民族は他にはいない。
日本の近代における発展、それは大変目覚ましいが、決して不思議ではない。
日本は太古から文明を積み重ねてきたからこそ、
明治に入り欧米の文化を急速に輸入しても発展できたのだ。
どの民族もこれだけ急な発展をするだけの力量はないが日本にはその資格があるのだ。
彼らは貧しいが、とても高貴である”。
全地球の10%のエネルギーと20%の天災が日本に集中しており、
台風、洪水、地震、火山噴火が日々襲ってくる島国、
日本列島には、備えあれば憂いなし、の諦観と達観が生まれ、
火事と葬式だけは例外とする“村八分”の優しい助け合いと信頼の共生気質が生まれた。
無我と思いやり、ワビ・サビ文化の原点である。
無人の現金貸し出し機が屋外に、人通りもない夜の裏道には自動販売機が置いてあり、
畔道には野菜と現金の入った籠が無造作に置いてある。
私たちにとってはごく自然の光景であるが、
外国人はこの天国のような人を信頼しきった無防備の文化を見て腰を抜かすほど驚く。
天知る・地知る・我知る、お天道様が見ている桃源郷なのである。
大地震が起きた時に店で買い物をしていた主婦たちは床に落ちた商品を拾い上げて
元の棚に戻して停電で暗くなった中で買い物中の自分のカゴの商品も
元に戻してから自宅へと急いだ。
いずこの国でも略奪と暴動は付きものの“無統制時の絶好のチャンス?”である天災時にである。
盗賊一党が天下を取れなかったのは日本歴史の特徴でもある、
とCNN等が競って世界に報道した震災後の清貧を誇りとする日本人像である。
明治維新間もない1891年、
長岡の屋井先蔵が世界初の乾電池を発明して人類の足元を照らし、
1926年には浜松工業高校助教授の高柳健次郎が
ブラウン管映像に成功してTV時代に先鞭をつけ、
丁度100年前のタイタニック号沈没の1912年には無かったレーダーを
1926年に八木秀次と宇田新太郎がヤギ・アンテナを発明して視界を変え、
SONYの井深大がトランジスターラジオやビデオテープレコーダー発明で
夢の携帯ラジオやリビングルームに映画館を持ち込み、
NECがFAXを開発、
富の象徴であった米国の大型自動車を世界中の裏道をも走らせる原点ともなった
富士重工の“スバル360”が庶民の足にし、
本田宗一郎がオートバイ発明で歴史を変えた。
中国古来の大きなウチワを平安時代の日本人は畳んで扇子に改良し、
欧米の吊るす縦の文化を畳む水平の文明に変えた。
畳みと折り紙芸術、総てをコンパクトに縮小して仕舞い込む技術・縮み志向文化、
美を極限まで小宇宙に写し込んだ匠の技である。
体育館ほどの大きさだった計算機をSHARPが縮小して電卓を発明して
今や数百円で買える時代に、
スイスのゼンマイ式手巻き高級時計の歴史的牙城に誤差千分の一秒まで縮めた
クオーツ時計でセイコーが躍り出て選手交代し、
WALKMANが野外にオーケストラを持ち出させ、
1979年には世界初の携帯電話をNTTが開発し、
1964年の東京オリンピック以来死亡事故ゼロの新幹線を今日も走らせ続け、
OLYMPUSが胃カメラを発明し、
東北大学の西澤潤一が内視鏡や通信まで変えた光ファイバーを作り、
CANONのオートフォーカス技術、
富士フィルムの簡易カメラと1988年のデジタルカメラの発明、
30年で地球文明を変えたとまで言われたカラオケを発明した井上大祐、
真珠で世界中の女性の首を奇麗に絞めてみせた御木本幸吉、
インスタント麺で全人類の食卓文化まで変えてしまった日清食品創業者の安藤百福、
大塚食品ボンカレーなどのレトルトや冷凍食品の発明、
寒冷地でも栽培可能の米や野菜の改良技術、
缶入り飲料の発明、養殖マグロや寿司文化、
本田のASIMOを始めとするロボット技術で世界を圧倒的にリードし、
パソコンの心臓部CPUを設計してインテルやビル・ゲイツの幕開けを作った嶋正利、
パリの街角でも若い女性がコスプレブームに乗っている卓越した日本のアニメ技術やゲーム機器、
最近では中村修二の青色発光ダイオードLED、
最先端医療技術を行く山中信弥教授の万能細胞のiPS、
地球上で人類がそのまま使える水は0.01%しかないといわれる
貴重な水資源確保の海水淡水化技術、
陽電池原理の発明など、人類に貢献している大発明の例をあげればきりがない。
どれ一つとして、日本国だけの利己に走った物はなく、
韓国や中国などの飛躍的な産業発展に無償援助で大きく寄与してきたのである。
世界に200年以上続く老舗企業の数は、韓国0、中国9、インド3に対して、日本は3000以上。
老舗企業に共通する三つの要素は、適応力。
携帯電話の折り曲げ部分には京都で300年続く
福田金属箔粉工業の屏風や蒔絵に用いられてきた技術が応用され、
時代変化に即応して生き残っている。
第二は許容力。
他人の血を受け入れる力、日本の老舗は養子に店継がせている。
三代目あたりで養子を入れた店ほど長続きする。
跡継が商売に不向きなら娘に養子、有望な奉公人に継がせる。
江戸期は有能な若者が繁盛店に養子として入るのが出世コースだった。
大阪では、息子は選べないが婿は選べる!という習わしがある。
中国などでは長男に会社を継がせ、有能な他人より無能な血族を信ぜよとの格言がある。
陸続きの国境侵略や戦争の歴史からくる他者不信、相次ぐ革命を経験し、
友人同士でも密告や騙し合いを行う国にあってはやむを得ないが、
そうした国々と比べると相互信頼感が底流に息づいている大和、
人類究極の理想像である“利他”のユートピア財産に今こそ気づくべきであろう。
気の毒な人には同情できても、幸せな人を見て心から喜んであげられる人は少ない、
それができる人が本当に心の広い人。
自己利益優先ではなく、意識しなくても自然に相手を喜ばせようとする心。
自分に引き寄せようとすると水は向こうへ流れ、
向こうに押して上げると両側から水が寄ってくる、タライの法則。
宮本武蔵の五輪書である。
みんなの幸せを願い創造する利他こそ、それが自分に帰ってくる、忘己(もうこ)利他。
もう懲りた!などと言わず、もう一度、鏡に向かって笑ってみよう。
鏡は一人では笑わない。

利益は人を幸せにした証である・・・松下幸之助


日本に生まれたことを誇りに思いますし、同時にこんなすごい先人達の技術や思いを大切に次の世代に持っていきたいものです。
タグ:日本 日本人
posted by ルーンマスターなkina at 20:38| Comment(0) | 知識のいずみ

2014年04月23日

アーユルヴェーダは侮れないかも…。

生理痛がひどかったこの間、たまたま出先でルイボスティーを切らして「とにかく温かいものを飲もう」というわけで…白湯を飲んでみたらびっくり。
それまで痛くてどうしようもなかった生理痛が一気に楽になりまして…(・・;
以前、アーユルヴェーダの本を読んで白湯の効能は知ってて、一度実践もしてみましたが、白湯のすごさをつくづく実感した気分です。



白湯を飲んでカラダが芯から温まるのを感じたので、それからはルイボスティーはもちろん飲んでますけど、白湯も飲むことにしました。
ルイボスティー用のお湯を沸かすついでに白湯の分も沸かして、使ってない保温性のある携帯マグに白湯を入れて飲む…と。
温かいルイボスティーってkinaはあまりおいしいと思わなくて、白湯の方がずっとおいしく感じられます。
白湯を飲んでダイエットした人もいると聞いてるので、そっち系も期待しておりますが…(^-^;

kinaはアーユルヴェーダが合ってるようで、白湯だけでなく以前も具合が悪くなった時にヨガのポーズをしただけで、具合の悪さが一発で治ったことがありました。
アーユルヴェーダは現在の東洋医学や漢方の根源の教えだという説もありますが、あながち嘘ではないと思えるkinaがいたりします。
posted by ルーンマスターなkina at 20:27| Comment(0) | 知識のいずみ

2014年03月04日

ゼネラリスト・スペシャリスト

ちょっとしたリーディングをしていてすごく思ったことをおひとつ。

人のタイプには「いろんなことをそつなくこなせるタイプ=ゼネラリスト」と「特定のことに特化したタイプ=スペシャリスト」がいるみたいで。
ゼネラリストがスペシャリストを目指しても潰れるし、スペシャリストがゼネラリストを目指したら…自分の得意分野が思うように行かせられなくなってしまう傾向が強いみたい。

…とは言っても、「隣の芝生は青い」らしく、ゼネラリストはスペシャリストに憧れるし、スペシャリストはゼネラリストに憧れる…と(^-^;
でも、ゼネラリストがゼネラリストでいるから助かる部分があるし、スペシャリストになったら本人も物足りないし、スペシャリストが自分の才能を潰してゼネラリストになることで、ゼネラリストの活躍の場を減らす…ということもあるんです。

スペシャリストな人なら、苦手な分野はその分野が得意なスペシャリストかゼネラリストにお任せすることで、お互いの使命を生かすという方法もあります。
そうすることで、某アトランティアンのワイヤーの神の曰く「自分の学びをする」場合もありますしね(^-^;

自分にできること、もっと大切にしてあげてくださいね♪
posted by ルーンマスターなkina at 11:10| Comment(0) | 知識のいずみ

2014年02月03日

本格ミステリーは安全に楽しむもので

亀松さんと推理小説の話をしていた時の笑える話(^-^;
「イギリスは街も雰囲気も何となく暗いから、本格ミステリーの舞台にはうってつけ」という話から、イギリスもの推理小説が好きなkinaは「いやいや、それなら第1次世界大戦後のドイツだって街も雰囲気も何となく(以上)暗かったじゃないか」と思い。
亀松さんは「ちょうど今の中国とか北朝鮮もそうだよね」ということを言ってたので…第1次世界大戦後のドイツと現代の中国、北朝鮮を舞台にした本格ミステリーのプロットを考えてみようとしました。

すると…

第1次世界大戦後のドイツ:とにかく食糧不足で治安もものすごく悪かったので、すご〜く凝った殺人&アリバイ工作をしなくてもおまわりさんも忙しいし、よっぽどじゃない限り別の死因で処理されて完全犯罪は簡単にできそう。
中国:ものすご〜く手の混んだトリックを考える前に、相手か自分が倒壊した建物の下敷きになるか爆発か毒物で死ぬから話にならない。
北朝鮮:同じく手の混んだプロットを考える間もなく死体がごろごろしているから紛れ込ましときゃ済むし、特殊警察に殺したい相手を密告したら良いので手の混んだ殺人なんかしなくても良い。

話になら〜ん(ぉぃ)。

本格的なミステリーとか推理小説に必要なものは、優秀な探偵と、ちょっとお間抜けな警察と、どうしても捕まりたくない犯人と、芸術的に殺される被害者と、なぜか怪しげな被害者の関係者と、治安の良い社会ということがよくわかりました(^-^;

あ、亀松さんは現在kindleにて色々な面白い本を出版してます。
ぜひどうぞ!!
今昔玉手箱はかなり面白いですよ♪

http://www.amazon.co.jp/-/e/B00GYN536S
posted by ルーンマスターなkina at 09:54| Comment(0) | 知識のいずみ

2014年01月29日

インナーチャイルドはウルトラセブンとパフェがお好き?

μヒーリングを行っているAngeliteのKAZUMIさんのセッションを去年受けたら…「kinaちゃん、インナーチャイルドを癒してあげなよ」と言われ(^-^;
そんなわけで、お正月にかけて「お母さんに言いたかったことを言う」という、とてつもない難問(いや、マジで)に挑戦していたkina。
3年も4年も避けて通ってた、というだけでどんだけ難問かはよくわかるかと…。

それをさり気なく言ったら…母親はちょっと気まずい顔をしていたので「ああ、母親もかわってたんだな」と思いました。

そして、kinaが小さい時、障害のために施設に入っている兄貴が旅行に行く時には、母親は必ず「兄貴がかわいそうだから」と弟を連れて一緒に行ってたんですよね。
小学校に入ってるkinaをおじいちゃんの家に預けて。
仕方がないといえば仕方がないのですが…多分こんなシチュエーチョンに遭遇して、快く許せる奴はいないと思う(-_-#)。

というわけで…「札幌に行って、時計台の前の小麦の家でご飯とデザートを食べて、テレビ塔を観光する!!」というインナーチャイルドヒーリングプランを作成し、「ついでに髪の毛を切って、画材も少し買おう」と思って、インナーチャイルドヒーリング用のぬいぐるみも持って出発。

ところが、いつもの床屋さんでウルトラセブンの話になり(ぉぃ)、「最終回はすごくいいよ」と言われて…かなり気になったkinaはインナーチャイルドとも相談の上、予定を大きく変更。



お昼ご飯にドリアとパフェを食べて、小樽のTSUTAYAでウルトラセブンの最終回と名探偵ポワロ、装甲騎兵ボトムズのDVDをレンタル(我ながらすごい取り合わせ)し、「観光は観光だ」というわけで、小樽運河沿いを歩いていたら…いつもは声をかけられないのに人力車のお兄さんに声をかけられて、妙なタイミングの良さもあったので人力車であちこち見て歩きました(*^m^*)。
面白かったし、勉強になりました。
インナーチャイルドも「またやりたい」と話をしていたし。

というわけで、ウルトラセブンの最終回を翌日見て…思わずうるうる(/_;)。
地球警備隊の、仲間を思う気持ちとか「地球は自分達も守るんだ」というのが出てて、単なる怪獣のヒーローものじゃないんですよね。

それで、ふと気づいたこと。
kina本体はどちらかというとデミグラスソースとコンソメが苦手なので、必然的に和食と果物をよく食べますが、インナーチャイルドはパフェと洋食が割と好きなのかな?ということと、ウルトラセブンと名探偵ポワロは小さいころから「ゆっくりと落ち着いて、中身を見たい」というのがあったんじゃないかと。
当時はTVは一家に一台だったので、チャンネル争いが常にありました。
ウルトラセブンの再放送は、必ずと言って良いほど大相撲の中継に邪魔されてたし(-_-#)。
ポワロも、小さいころは全然犯人はわからなかったのですが、中身を落ち着いてよく見たら犯人はすぐにわかったし、ポワロのテーマソングは前から好きだったけど、それ以外でもクオリティの高さがすごい。
そして、パフェも洋食も田舎にはないけど、よくデパートの食堂にありますよね?
「デパートに連れてきてもらって、食堂で洋食(多分お子様ランチ)とパフェを食べたい」とずっと思ってたけど、封印してたんじゃないかな?と…だからといってデミグラスソースとコンソメスープは多分避けて通ると思うけど(^-^;

今度はきちんと?!札幌でパスタとパフェだ、そしてTSUTAYAで今度はデンジマンかシャイダー全制覇とポワロだ…と今から意気込んでいるkinaだったりして(*^m^*)。

Kazumiさん、今年に入ってからHPを作成しちゃって、ブログもココログにお引っ越ししたそうです。
μのヒーリングは断然お勧めですよ!!

HP:http://angelitekazumi.jimdo.com/
ブログ:http://angelitekazumi.cocolog-nifty.com/blog/
posted by ルーンマスターなkina at 11:12| Comment(0) | 知識のいずみ